食中毒事件の発生:岡山県岡山市-飲食店営業(2015年5月9日)

概要

平成27年5月5日(火)午前9時30分頃、市内医療機関から「同一グループの8名が腹痛、下痢の食中毒様症状で受診している」旨の情報が当市保健所にあった。
当市保健所が調査したところ、5月2日から5日まで市内で部活動の合宿をしていた高校生と教職員20名中8名が腹痛、下痢等の症状を呈し、うち5名からウエルシュ菌を検出した。
有症者に共通する食事は「有限会社キッチンママフーズ」(北区撫川)が調製した料理のみであること、また有症者を診察した医師から食中毒の届出があったことから、当該料理を原因とする食中毒事件と断定した。

患者数

8名(男4名・女4名)※入院患者なし

原因(と推定される)食事の調製者

屋号:有限会社キッチンママフーズ
営業の種類:飲食店営業

主な献立

・5月4日夕食
クリームコロッケ、エビチリ、野菜炒め、焼き魚(サバ)、おひたし(ほうれんそう、白菜)、マカロニサラダ、煮物(レンコン、にんじん、高野豆腐)、玉子焼き、ゼリー、漬物、ご飯、みそ汁、お茶

病因物質

ウエルシュ菌

行政処分

平成27年5月10日(日)から平成27年5月14日(木)までの5日間の営業停止

情報提供元:岡山市:食中毒情報