食中毒事件の発生:群馬県前橋市-食品業者(2015年6月3日)

調査結果

原因施設が調整した弁当を喫食した1,258人中129人が下痢、腹痛、発熱等 の食中毒様症状を呈していることを確認し、以下のことが判明しました。

  • 有症者の共通食は当該施設で提供された食品のみでした。
  • 有症者の症状が類似していました。
  • 有症者と調理従事者の便からサルモネラO7群が検出されました。
  • 診察した医師から食中毒届が提出されました。

よって、当該施設が提供した食品を原因とする食中毒事件と断定しました。
なお、有症者は快方に向かっています。

発生日

平成27年5月20日(水) 1:00(初発)
(調査中)

有症者

129人(受診者109人、うち入院者5人)
(調査中)

症状

下痢、腹痛、発熱、おう吐等

原因施設

施設名 都食品株式会社

病因物質

サルモネラO7群

情報提供元:群馬県前橋市|食中毒の発生について(平成27年6月3日)