食中毒事件の発生:千葉県柏市-魚介類販売業(2015年9月8日)

探知

平成27年9月4日、柏市内のスーパーマーケットから「9月2日にサンマの刺身を購入し、喫食した消費者が胃アニサキス症を発症した。」旨の通報があった。

調査結果

柏市保健所で調査したところ、次のことが判明した。

(1)患者の喫食調査を実施したところ、原因と考えられる食品は、以下の施設が販売したサンマの刺身のみに限定された。
(2)医療機関での内視鏡検査で、患者の胃からアニサキス虫体が摘出された。
(3)患者を診察した医師から食中毒(胃アニサキス症)の届出があった。
(4)患者の状況
  ア 喫食者数 1名
  イ 患者数 1名(男性30歳代)
  ウ 主な症状 腹痛、吐き気(現在は回復しています)
  エ 発生日時 平成27年9月3日 午前3時頃

概要

調査結果から、柏市長は、以下の施設を原因とする食中毒と断定しました。

(1) 原因施設
   施設名:マックスバリュ関東株式会社マックスバリュ松ヶ崎店
   業種:魚介類販売業
(2) 原因食品 9月2日に当該施設で購入したサンマ(推定)
(3) 病因物質 アニサキス
(4) 違反内容 食品衛生法第6条第4号違反
(5) 行政処分内容 食品衛生法第55条に基づく営業停止命令
   処分年月日 平成27年9月8日
   営業停止期間 平成27年9月8日~9月9日

行政措置

指導事項として当該施設での鮮魚の取り扱い等の改善を目的とした食品衛生監視指導票の交付

指導内容

柏市保健所では、食中毒再発防止を目的として、営業者及び調理従事者に対する衛生教育を行う。

情報提供元:食中毒発生・違反食品措置状況