食中毒の発生について:佐賀県佐賀市‐飲食店営業(2016年3月15日)

平成28年3月10日(木曜日)午前9時30分頃、佐賀市内のホテルより「当ホテルの飲食店で3月5日(土曜日)夕方に食事をされた方から、一緒に食事をした複数の者が嘔吐、下痢の症状を呈しているとの申出があった」との連絡が佐賀中部保健福祉事務所にあり、調査を実施したところ、3月5日(土曜日)の夕方に、当該ホテル内の飲食店で食事をされた方10グループ40名中、6グループ26名が食中毒様症状を呈していることが判明しました。

 佐賀中部保健福祉事務所は、当該ホテル内飲食店で提供された食事を原因としたノロウイルスによる食中毒と断定し、本日(3月14日)、食品衛生法第55条第1項に基づき、営業停止命令(4日間)を行いました。

 

調査内容

1.発生日時
・平成28年3月6日(日曜日)午前8時頃

2.原因施設
・所在地    佐賀市
・営業の種類  飲食店営業(旅館)

3.原因食品
・平成28年3月5日(土曜日)に当該原因施設が提供した食事

4.病因物質
・ノロウイルスG2

5.摂食者数
・40名(10グループ)

6.患者数
・26名(6グループ)(判明分)
・男性 15名(22歳~61歳)
・女性 11名( 6歳~78歳)

7.摂食年月日
・平成28年3月5日(土曜日)午後5時30分頃~

8.主な症状
・嘔吐、下痢、発熱

食中毒と断定した理由

(1)患者の共通食は、当該原因施設が5日に提供した食事の他にないこと。
(2)患者の便からノロウイルスを検出し、症状及び潜伏時間がノロウイルスによるものと一致していること。
(3)当該原因施設の調理従事者の便から、ノロウイルスを検出したこと。
(4)医師からの食中毒届出票が提出されたこと。

以上のことから、上記飲食店を原因とするノロウイルスによる食中毒と断定した。

措置内容

1.行政処分
・営業停止命令
平成28年3月14日(月曜日)から3月17日(木曜日)まで(4日間)
(平成28年3月13日(日曜日)の1日間は営業自粛)

2.指導内容
(1)ノロウイルスに汚染された可能性のある食材等は廃棄すること。
(2)厨房、トイレを含む施設全体の清掃、消毒を徹底すること。
(3)手洗い設備は、常に使用できる状態にしておくこと。
(4)作業開始前、用便後、汚染作業後及び非加熱食品の調理前には、必ず手指の洗浄、消毒を徹底すること。
(5)従業員の健康状態の把握を適切に行い、調理従事者からの食品の二次汚染の防止を図ること。
(6)従業員に対し、食中毒予防のための衛生教育を実施すること。

情報提供元::ノロウイルスによる集団食中毒が発生しました:佐賀県佐賀市