食中毒の発生について:宮城県仙台市(2016年4月13日)

概要

4月7日(木曜日)午後3時頃,仙台市内の医療機関から「吐き気,口や手足のしびれ等の症状を呈した患者2名を診療した」との連絡があった。
 塩釜保健所黒川支所で調査したところ,知人から「ウルイ」であるとして譲受した野草を,4月7日の午前9時頃に調理して2名で食べたことが判明した。
 患者の吐き気,口や手足のしびれの症状および発症までの時間がバイケイソウによる食中毒とほぼ一致したこと,診察した医師から食中毒の届出があったことなどからバイケイソウを原因食品とする食中毒と断定した。
 なお,患者は快方に向かっている。

発症日時

 4月7日(木曜日) 午前11時頃~

主な症状

 吐き気,口や手足のしびれ,血圧低下 等

患者数等

 2名 男性:1名 76歳,女性:1名 75歳
 (うち受診者2名、入院者2名)
 

原因食品

バイケイソウ

病因物質

植物性自然毒

情報提供元:食中毒の発生について(食と暮らしの安全推進課):宮城県