【食中毒対策】アニサキスによる食中毒にご注意ください(2015年10月21日)

アニサキスって何?

アニサキスとは寄生虫の一種です。
クジラやイルカ等の海洋ほ乳類の胃に寄生し、その卵がフンと共に海に排出されます。卵からふ化したアニサキスは、やがてオキアミと呼ばれるプランクトンに食べられ、その体内で第3期幼虫に成長します。オキアミを捕食した魚介類だけでなく、アニサキスが寄生した魚を捕食した魚介類へもその感染が広がるために、アニサキスの寄生している魚は多種に渡ります。
そしてアニサキスが寄生した魚介類を生または生に近い状態で食べると、アニサキスが胃壁や腸内に侵入し、激しい腹痛などの症状が生じます。

原因となる魚介類は?

サバ、サケ、ニシン、スルメイカ、イワシ、サンマ、ホッケ、タラ、マスなど

アニサキスによる食中毒の症状は?

アニサキスによる食中毒はアニサキス症と呼ばれ、
わが国で多く発症しているものが胃アニサキス症と腸アニサキス症です。

胃アニサキス症:魚介類の生食後2~8時間後に、激しい腹痛、悪心、嘔吐を生じる

腸アニサキス症;魚介類の生食後10時間後以降に、激しい腹痛、悪心、嘔吐、腹膜炎症状を生じる

※激しい腹痛があり、アニサキスによる食中毒が疑われる際は速やかに医療機関を受診してください。

これで安心!予防のポイント

  • 十分過熱する。(アニサキスよ幼虫は60℃では数秒で、70℃以上ではしゅうんじに死滅)
  • 冷凍する。(-20℃で24時間以上冷凍すると死滅します)
  • 新鮮な魚を選び、速やかに内臓を取り除く。
  • 目視で確認して、アニサキスの幼虫を取り除く。
  • ※塩・わさび・酢などの調味料は一般的な料理で使う程度の量では、アニサキス幼虫は死滅しません。

    食材選び、調理の仕方で食中毒は予防できます!
    魚介類を調理する時は以上の4つのポイントに気を付けてください!